トルコリラの取引で注意すること

トルコリラの取引で注意すること

トルコリラでFX投資を行う場合、注意しなければならない点がいくつかあります。トルコリラはドル/円のようなメジャー通貨ではなく、マイナー通貨であるためスプレッドが広くなります。
また、取引が多くなる時間帯にも規則性があり、これを逃すとほとんど相場が動かないため、デイトレードではスプレッドで損失が出ます。

欧州市場の開場時間である17時とニューヨーク市場の開場時間である22時(夏時間は1時間前倒し)に動きが出て、26時頃に収束します。


また、スワップの高さが魅力の通貨ですが、これは売りから入って持ち続けるとマイナスになります。

前述の時間で決済すれば、このマイナスのスワップを防げます。トルコリラを長期保有する場合には、どこを利用するかが非常に大きな影響があります。


スワップが高い通貨でも業者によって値に違いがあります。
近年のトルコリラ/円の相場の動きとしては、少しずつ下落を続けているため、長期保有では相場の下落による損失が出るので、これを上回るスワップポイントがなければ利益になりません。

便利な共同通信社が今、話題になっています。

そのため、スワップの最も大きな業者が利用の候補になります。

お手軽のFX情報を豊富に提供しています。

スワップは政策金利の変化以外でも、各業者の判断で見直されることがあるので、どこが最適か定期的に確認しておきましょう。
トルコリラは相場の変動が大きいので、利益を求めてレバレッジを高くするとロスカットが起きて損する危険性が出てきます。



最大でも2、3倍程度に留めて取引した方が良いでしょう。

  • 詳しく知りたいなら

    • トルコリラはスワップが高いため、長期保有向けの通貨としてFXの投資家に注目されていますが、通貨の特徴を把握せずに取引を行うと損する可能性もあります。まず、利用する業者はできるだけスワップが高いところが良いでしょう。...

      detail
  • 金融コラム

    • トルコリラは新興国として知られるトルコで使われている通貨ですが、以前は新トルコリラとも呼ばれていました。なぜ新という言葉が付くのかというと、トルコ政府が2005年にそれまでのトルコリラを廃止して、通貨の単位を切り下げて新しい通貨として発行をしたからなのです。...

      detail
  • 金融の実態

    • トルコリラはFXのスワップ派から注目され始めている通貨です。通貨自体の政策金利は7.5%で非常に高くなっており、スワップの最も高いFX業者のスワップでは金利にすると10%を超えています。...

      detail
  • ためになる金融

    • トルコリラには、以下のような特徴があります。一つ目は、「高利回りである」。...

      detail